金子恵美は若い頃から意識高すぎ!早稲田大学から韓国留学。宮崎謙介と結婚式6回!

金子恵美
(画像出典)金子恵美オフィシャルブログ

「美人すぎる国会議員」として有名だった金子恵美(かねこ・めぐみ)さん

2016年2月、長男出産直後に夫・宮崎謙介氏(国会議員の同期)の不倫が発覚・・・

宮崎氏は議員辞職し、恵美さん自身も2017年10月の衆院選で落選してしまいました。

2020年11月、宮崎氏に4年ぶり2度目の不倫が発覚するも、恵美さんは「離婚は考えてないです」と明言。

むしろ夫婦関係をネタにして(?)、現在、テレビコメンテーターとして活躍されています。

今回の記事では、そんな金子恵美さん生い立ち若い頃政治家を目指した理由地方議員から国会議員への歩み宮崎謙介氏との結婚について紹介します。

※なお、現職の衆院議員である金子恵美(かねこ・えみ)さん(福島1区/立憲民主党)別人物です。

この記事の要約

このブログ記事は、

  • 金子恵美さんの父親(故・金子由征さん)は元・新潟県月潟村村長。地方政治家の父の背を見て育つ
  • 幼少時より伝統芸能の舞台に立っていたことから、早稲田大学第一文学部演劇専攻へ進学
  • 新潟放送に一般職非常勤職員として入社するも、重度の顎関節症で療養
  • 社会復帰のため母親がミスコンに応募し、2002年「新潟県きものの女王」、2003年「ミス日本」関東代表に選出
  • 韓国留学を機に政治家への志を固め、29歳で新潟市議、32歳で新潟県議、34歳で衆議院議員(新潟4区/自民党)に
  • 37歳のとき、国会議員同期の宮崎謙介氏と入籍。結婚式を合計6回挙げ、長男を出産

という内容になります。

それでは、詳しく解説していきます。


金子恵美のプロフィール~村長だった父親の影響で政治家を目指す

金子恵美(かねこ・めぐみ)

金子恵美
(画像出典)Muse party
  • 生年月日:1978年(昭和53年)2月27日(2021年現在43歳)
  • 出身地:新潟県
  • 本名:宮崎恵美
  • 身長:167cm(※1)
  • 血液型:O型(※2)
  • 趣味:旅行(温泉、リゾート中心)、食べ歩き、読書、映画鑑賞(※2)
  • 特技:書道、カラオケ、手話(※2)
  • 所属:レプロエンタテインメント


金子恵美さんは1978年、3人姉妹の末っ子として、新潟県西蒲原郡月潟村に生まれました。

月潟村は、新潟県で最も小さい面積の村。

そして、お父さんの金子由征(かねこ・よしまさ)氏は、恵美さんが3歳のときから24年間、月潟村の村長を務めた方です。(現在は新潟市南区)

恵美さんにとって、由征さんは「父というより村長という存在」だったそう。(※3)

お姉さん2人は「村長の娘」と呼ばれるのを嫌がっていましたが、恵美さんは 小さい頃から、選挙になると、わくわくして楽しかったそうです。

地元を良くしようと頑張っている父・ 由征さんの背中を見て、政治の世界に憧れるようになっていったとか。(※4)


恵美さんが議員になった後、由征さんは、元・行政の長として、「役所の人にどう掛け合ったら聞いてもらえるか」などアドバイスをしていました。

しかし恵美さんは、三姉妹の中でいちばんお父さんに反抗的で、衝突も多く、政治家の先輩としてのアドバイスを素直に聞けなかったそうです。


そんな由征さんは、2019年5月にご逝去。

恵美さんは「私の政治の師は、父でした」と語っています。(※4)

そして、2年後の命日には

「父にとってたった一人の孫をみせられたことが唯一の親孝行だったのかもしれません」(※5)

と振り返っていました。

恵美さんにとって、地方政治家の家に生まれたことが、議員を目指す発端にあったといえます。

伝統芸能「角兵衛獅子」で3歳のときから舞台へ

そんな金子恵美さんの小さい頃の写真が、なんと月潟村の「郷土物産資料室」に飾られています。

角兵衛獅子の衣装を着た小さい頃の金子恵美さん
月潟農村環境改善センター内・郷土物産資料室より(画像出典)県央ドットコム

 写真左側が恵美さん。当時からとてもかわいいですね!

この衣装は、月潟村の伝統芸能である「角兵衛獅子(かくべえじし)」を舞うときのもの。

月潟の伝統芸能・角兵衛獅子
角兵衛獅子の様子(画像出典)県央ドットコム

この角兵衛獅子は、歌手・美空ひばりさんが歌った「越後獅子の唄」のモデルになったほど著名な郷土芸能です。

恵美さんたち三姉妹は、「村長の娘ということで、なかば義務的に」だったそうですが、3歳から高校2年生まで角兵衛獅子を舞っていたのだそう。(※1)


ちなみに、お姉さんの金子雅美さんは、スタイリストとして映像・雑誌など各種メディアで活躍されています。(※4)

金子恵美さんの姉・金子雅美さん
金子恵美さんの姉・金子雅美さん。お姉さんも美人ですね!(画像出典)日本テレビ

金子金子恵美の学歴~県立三条高等学校から早稲田大学へ

金子恵美さんは、月潟村立月潟中学校から、新潟県立三条高等学校へ進学。

新潟県立三条高等学校
(画像出典)新潟県立三条高等学校

三条高等学校は偏差値63(新潟県内で10位前後)の進学校で、東大京大合格者数は年1名程度。

元新潟県知事の泉田裕彦氏の出身校でもあります。


金子恵美さんは高校卒業後、上京して、難関大学である早稲田大学第一文学部に入学。(※1)

早稲田大学戸山キャンパス
現在の早稲田大学戸山キャンパス(画像出典)早稲田大学

なんと、1日15時間も勉強して、早稲田に合格したのだそうです。(※2)

金子恵美さんがこの大学を志望した理由は、早稲田の文学部は演劇に力を入れているから。

幼い頃から伝統芸能「角兵衛獅子」を演じてきた恵美さんは、演劇専修を専攻し、古典芸能について学びました。(※3)

在学中は、イギリスのバースやアメリカのバージニア州アレキサンドリアでホームステイも経験。

また、新潟出身の農学者・近藤亨氏(元・ネパール・ムスタン地域開発協力会 理事長)のもと、ネパールでの農業支援・交流事業にも参加されたそうです。

新潟放送に入社するも顎関節症で退職。そしてミスコン出場

金子恵美さんは、早稲田大学卒業後、新潟放送(TBS系列の地方局)に一般職非常勤職員として入社。

BSN新潟放送
(画像出典)新潟放送

編成局のテレビCM部に所属されたそうです。(※1)

しかし恵美さんは、重度の顎関節症を患ってしまい入院。

★顎関節症とは(日本歯科医師会ウェブサイトより)

手術の後は口が開けられないため、会話や食事もままならない状態だったそうです。

つらい症状で入退院を繰り返していた恵美さん。

母の玲子さんは、そんな恵美さんを社会復帰させるために、ミスコンに応募しました。(※2)


2002年には「新潟県きものの女王」に選出。

2002年新潟県きものの女王・金子恵美さん
(画像出典)きもの絵巻館のブログ

2003年には、約3000人の中から「ミス日本」関東代表としてファイナリストに!

2003年ミス日本関東代表の金子恵美さん
(画像出典)NEWSポストセブン

振袖姿も水着姿も、とても美しいですね!

恵美さんご自身は、「とにかく恥ずかしかった記憶しかない」と振り返っておられます。(※3)

韓国・梨花女子大への留学し、ネット炎上を経験

そんな金子恵美さんにとって、政治家を目指すきっかけとなったのが、韓国への留学でした。

梨花(イファ)女子大学校は、韓国で最も知名度の高い名門女子大です。

当時26歳の恵美さんは、新潟県民ということもあり拉致問題に強い関心を持っており、

「2、3年留学して韓国語を完璧にマスターし、いずれ日韓関係の架け橋になれたら」

という思いで韓国に渡航。

現地では女優を目指し、タレント活動も行っていました。


そして、ミス日本のファイナリストに選ばれた経歴から、日本のスポーツ新聞に週1回、韓国の情報を連載することに。(スポニチ・アネックス「金子恵美の韓国通信」)

しかし、恵美さんの書いた記事が、日本語から韓国語へ、間違った翻訳をされてしまったのだそうです。

その誤った翻訳が韓国に広まり、ネット炎上してしまいました。


当時の韓国では、スマホの待受画面を自分の写真にする人が多かったのだそうです。

日本では子供や恋人の写真を待受にすることが多いので、「自分の写真を待受にするのは珍しいな」「美容大国だから美意識が高いのかも」と思って連載記事に書いたのだそう。

すると、間違った翻訳によって

「自意識過剰やナルシストだと言うのか!」

というクレームが殺到してしまったのだとか・・・


恵美さんは、留学先の大学や自宅で待ち伏せされて身の危険を感じ、大使館とも相談して、2005年5月に帰国したのでした。

↓留学後に出版された本です。

金子恵美著「韓国に嫌われた私」
(画像出典)amazon.co.jp

とても大変な目に遭った恵美さんですが、この経験から、

「どんなことでも視点によって見方が変わるから、意見のバックグラウンドを知ることが大事」

という、政治家としての基本姿勢を学んだそうです。(※1)

そして、韓国に留学したのをきっかけに、

「日本の子どもたちが日本を愛し、国際社会で自国を主張できるように、教育改革が必要」

と考え、政治家への志が固まったのだそうです。(※2)

地方議員から国会議員へ~議員時代の活動と評判

その後金子恵美さんは、2007年、新潟市議会議員選挙に南区選挙区から出馬。

4,244票を獲得しトップ当選しました。(当時29歳)

↓当選した2007年、地元の農業イベントで田植えをする恵美さん

市議時代に稲刈りをする金子恵美さん
(画像出典)金子めぐみブログ

↓同年12月、障がいを持った子どもたちのイベントでサンタクロースに

2007年当時の金子恵美さん
(画像出典)金子めぐみブログ

2010年、新潟市議を1期目の任期途中で辞職。

吉沢真澄氏の死去に伴う新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、無投票で当選しました。(当時32歳)


その後2012年には、新潟県議を辞職します。


そして、第46回衆議院議員総選挙に、自由民主党公認で新潟4区から出馬し当選。(当時34歳)

↓国会議員に当選して間もない時期、34歳の恵美さん。

2013年当時の金子恵美さん(34歳)
(画像出典)GQ JAPAN

毎日のように新幹線で、新潟と東京を往復していたそうです。


そんな恵美さんの議員時代の評判はというと・・・


「愛嬌があり、離婚せずやり直すことを選んだことも評価されていて、人物としての評判は悪くない」

しかし、安倍チルドレンに重要ポストが回ってくることがあり、金子議員も安倍チルドレンだからだから出世したのでは」

という意見が出ていました。(※1)


一方、早大卒でミスコン出身という華々しい経歴を持つとはいえ、

「実は隠れた苦労人」

地方議員からキャリアを積み上げている”努力の人”」

であり、安倍チルドレンとは一線を画すと評価する人も。(※2)


石破茂・元自民党幹事長には

「あなた、見た目と違ってドブ板選挙をする男臭い方ですね」

と言われていたそうです。(※3)


「美人すぎる」容姿や、夫・宮崎謙介氏の不倫歴が注目されがちですが、恵美さんが地道な努力家であることは確かなようです。

議員同期の宮崎謙介氏と出会い、結婚へ

2013年、国会議員1年生の35歳のとき、恵美さんは結婚についてインタビューに答え、

「結婚しようと思ったことは2回あるけれど、今恋人はいない」

「4年以内に結婚して子供が欲しい」

「子孫を繫栄させないと国力が低下する」

とおっしゃっています。(※1)

「子孫を繁栄させないと国力低下」というのが、いかにも自民の議員さんらしいですね(笑)


このとき恵美さんは「恋人はいません」とおっしゃっていましたが、既に3歳年下の宮崎謙介氏に「狙われて」いたようです。

恵美さんと宮崎氏は、同じ自民党二階派所属で、2012年に初当選した同期議員でもありました。

宮崎氏は初登院の日に、国会議事堂の前で恵美さんに一目惚れし、「コーヒー飲みません?」と声を掛けたのだとか。(※2)

2人は自民党の政策集団「志帥会」に所属し、一緒に活動するなかで、同じ早稲田大学卒業と言う話で盛り上がりました。

そして、国家観や政治信条も近かったのだそうです。(※3)


宮崎氏は積極的に恵美さんを誘い、2人は2015年5月19日に結婚を発表

2015年5月19日金子恵美結婚記者会見
2015年5月19日、地元事務所で記者会見を行い結婚を発表。左は当時の後援会会長、右は自民党地元支部県議(画像出典)県央ドットコム

そして同年8月に、二階派の会合で妊娠初期であることも公表しました。

宮崎謙介氏との結婚式は6回!主賓に安倍晋三首相(当時)も

当時衆議院議員だった金子恵美さんと宮崎謙介さんは、なんと6回もの結婚式を挙げたそうです。

宮崎謙介と金子恵美の披露宴
(画像出典)ログミー

2015年8月から12月にかけて

  • 政治家向け 1回
  • 経済人向け 1回
  • 宮崎さんの選挙区(京都) 1回
  • 金子さんの選挙区(新潟) 2回
  • 親族向け 1回

月に2回、結婚式をやった月もあったそうです。恵美さんが妊娠中なのにスゴイ!!

安倍晋三首相(当時)が主賓の回では、安倍総理、菅義偉官房長官など席順を決めるのが難しく・・・

席順を作って各議員事務所に連絡し、クレームが入ったら席を替える、といった具合で難航したそうです。(※)

最後の結婚式のときは、お腹も大きくなっていたことでしょう。

宮崎謙介と金子恵美
出産の約1ヶ月前、国会に登院する宮崎謙介、金子恵美夫妻(画像出典)プレジデントオンライン

そして2016年2月5日、恵美さんは、東京赤坂の山王病院で長男を出産

そしてその日に、宮崎氏とグラビアアイドルとの不倫が「文春砲」されたことを、宮崎氏本人から聞いたのです・・・

★↓↓↓宮崎謙介元議員の不倫相手・宮沢磨由についてはコチラ

宮崎謙介の不倫相手女性・宮沢磨由はベテランダンサー!恋愛アドバイザーを起業し現在は子育て中
宮崎謙介氏は不倫騒動で衆議院議員を辞職しました。相手女性の宮沢磨由さんはダンサーでモデル。現在は恋愛アドバイザーとして起業し、出産して子育て中です。このブログ記事では、宮沢まゆさんの現在、生い立ちと学歴・仕事・不倫騒動についてまとめます

★↓↓↓宮崎謙介元議員の離婚理由はコチラ

宮崎謙介と加藤鮎子の離婚理由は遠距離と○○?現在の妻・金子恵美と「雪国の絆」
不倫騒動で有名になった、元衆議院議員の宮崎謙介さん。現在の妻である金子恵美さんとは再婚です。最初の結婚相手は、内閣官房長官も務めた加藤紘一氏の娘で、現在衆議院議員の加藤鮎子さん。この記事では、加藤鮎子さんの経歴プロフィール、宮崎謙介さんと加藤鮎子さんの離婚理由、金子恵美さんと加藤鮎子さんの関係について解説します

※:2019年6月28日 ログミー「なぜ宮崎謙介・金子恵美夫妻は結婚式を6回挙げたのか?」



まとめ

この記事では、

  • 金子恵美さんの父親(故・金子由征さん)は元・新潟県月潟村村長。地方政治家の父の背を見て育つ
  • 幼少時より伝統芸能の舞台に立っていたことから、早稲田大学第一文学部演劇専攻へ進学
  • 新潟放送に一般職非常勤職員として入社するも、重度の顎関節症で療養
  • 社会復帰のため母親がミスコンに応募し、2002年「新潟県きものの女王」、2003年「ミス日本」関東代表に選出
  • 韓国留学を機に政治家への志を固め、29歳で新潟市議、32歳で新潟県議、34歳で衆議院議員(新潟4区/自民党)に
  • 37歳のとき、国会議員同期の宮崎謙介氏と入籍。結婚式を合計6回挙げ、長男を出産


という内容をお伝えしました。

お父さんが村長で、「家業のように」政治に親しんできた金子恵美さんは、国内外で学び、新潟市議→新潟県議→国会議員とキャリアを積み重ねていきました。

「美人すぎる(元)国会議員」は美人なだけではなく、地方議員からの「たたき上げ」で、地道に活動されてきたのですね。

議員時代は(ご夫婦とも)優等生のイメージでしたが、夫の宮崎さんの諸々の騒動以降は・・・

おもろい夫婦キャラ!?

最近は、サバサバとした姐御っぽさがカッコいい金子恵美さん、これからのご活躍も楽しみです!

★↓↓↓宮崎謙介元議員が離婚した元妻・加藤鮎子さんの現在

加藤鮎子が再婚した夫・角田賢明はイケメンでイクメンな実業家!東京と山形を往復し子育て
衆議院議員の加藤鮎子さんの再婚相手・角田賢明さんは、慶応大学理工学部卒業。大手証券会社に勤務していましたが、鮎子さんの衆院選初出馬を支えるため、退職して山形へ移住しました。この記事では、角田賢明さんの経歴プロフィール、鮎子さんと角田さんのなれそめ・再婚時期・結婚生活・子育てについて解説します
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました