山下久美子の若い頃!ステージ上で走る・跳ぶ・脱ぐ(下は水着)!元祖・胸キュン娘のスゴイ伝説とは?

山下久美子さんは、1980年代に「総立ちの久美子」「学園祭の女王」「ロックの女王」と呼ばれた女性シンガーです。

このブログ記事では、そんな山下久美子さんの若い頃の画像生い立ち昭和芸能史に残る(?)数々の伝説ついてまとめたいと思います。

山下久美子のプロフィール

山下久美子
(画像出典)amazon.co.jp
  • 生年月日:1959年(昭和34年)1月26日 ※2021年現在62歳
  • 出身地:大分県別府市
  • 身長:166cm(※)
  • 血液型:O型(※)
  • 学歴:別府大学附属高等学校中退




山下久美子さんは、1980年(昭和55年)に「バスルームから愛をこめて」で歌手デビュー。

1982年(昭和57年)に発売した6枚目のシングル「赤道小町ドキッ」がカネボウ化粧品のCMソングになり、41万枚以上の大ヒットに。

ステージ上で走って飛んで脱いで(下は水着)の激しいライブパフォーマンスが大人気でした。

※:ORICON NEWS「山下久美子のプロフィール」

山下久美子の若い頃の画像

それでは、山下久美子さん若い頃の画像を紹介していきます!

1980年代前半~デビュー後から「赤道小町ドキッ」大ヒットまで

★↓1981年(昭和56年)山下久美子さん22歳 3枚目のシングル「恋のミッドナイト・D.J.」です。

山下久美子 恋のミッドナイトD.J. 1981年
(画像出典)amazon.co.jp

★↓こちらも22歳のとき 4枚目のシングル「とりあえずニューヨーク」

山下久美子 とりあえずニューヨーク 1981年
(画像出典)amazon.co.jp

★↓こちらも22歳のとき 5枚目のシングル「雨の日は家にいて」

山下久美子 雨の日は家にいて 1981年
(画像出典)amazon.co.jp

6枚目のシングル「赤道小町ドキッ」が大ヒットした後、1983年(昭和58年)24歳のときに、7枚目シングル「こっちをお向きよソフィア」を発売。

山下久美子 1983年
(画像出典)amazon.co.jp

元気で健康的で、かわいらしさが弾けていますね!


山下久美子の20代後半の写真~1980年代後半

1980年代は年間100本のライブをしていた山下久美子さん。

20代後半は、「赤道小町ドキッ」のイメージを超える道を模索していきます。


★↓1985年(昭和60年)26歳のときに発売した「瞳いっぱいの涙」

山下久美子 瞳いっぱいの涙 1985年
(画像出典)amazon.co.jp




ちなみにこの翌年の1986年(昭和61年)1月、久美子さん26歳のときに、ギタリスト・布袋寅泰さんと結婚式を挙げます。

布袋寅泰 山下久美子 結婚式
(画像出典)日本テレビ ザ・トップテン




★↓1988年(昭和63年)28歳のときに発売したベストアルバム「three into one」

山下久美子 three into one 1988年
(画像出典)amazon.co.jp

★↓同じく28歳のときに出演したトーク番組にて

山下久美子 1988年
(画像出典)1988年8月2日 ABCテレビ「CLUB紳助」

時代は日本のバブル経済期ソバージュヘア肩パッドの入ったジャケットに、当時の流行を思い出してしまいます・・・!

そして1988年(昭和63年)、山下久美子さんは家庭に専念するため、歌手活動を休業されました。

山下久美子の30代の写真~1990年代

2年間の休業期間のあと、1990年(平成2年)に音楽活動を再開した山下久美子さん

★↓1992年(平成4年)32歳のとき発売したシングル「!BYE BYE」

山下久美子 1992年
(画像出典)yahoo.co.jp

今ふりかえると、布袋寅泰さんとの結婚生活が大変になっていった時期です・・・


★↓1995年(平成7年)35歳のときに出演したトーク番組にて。

山下久美子 1995年
(画像出典)1995年9月18日 フジテレビ「HEY!HEY!HEY!」

この2年後に、山下久美子さん布袋寅泰さん離婚されています・・・

★↓↓↓山下久美子さんと布袋寅泰さんの結婚から離婚まで、くわしくはコチラ

★↓↓↓布袋寅泰さんと今井美樹さんの不倫恋愛と、山下久美子さんの著書についてはコチラ

そして・・・ステキに年齢を重ねた60代の写真

それから四半世紀が過ぎて、山下久美子さんは、2019年(令和元年)還暦を迎えました。

★↓2020年(令和2年)61歳の山下久美子さん。若い!

山下久美子 2020年
(画像出典)Music Voive

★↓同じく61歳のとき、40周年記念配信ライブでのおちゃめな表情^^

山下久美子 40周年ライブ 2020年
(画像出典)OKMusic

かわいらしく、自然体で年齢を重ねられている様子が、とってもステキです!


山下久美子の生い立ち~ロックの女王になるまで

そんな山下久美子さん、どんな幼少期を過ごし、どのようにミュージシャンへの道を歩んできたのでしょうか。


人前で歌うのが大好きだった少女時代

山下久美子さんは1959年(昭和34年)、大分県別府市で、2人姉妹の長女として生まれました。

別府は九州最大の温泉地。お父さんはホテル回りなどをするバンドのギタリスト。お父さんが観光客の前で演奏してから帰宅するのは明け方で、一緒に朝食をとることはほとんどなかったそうです。

お母さんは元銀行員で、周囲の反対を押し切って不安定な仕事のお父さんと結婚しました。50歳過ぎにお父さんが現役引退する頃、別府で小料理屋「サン」を開業し、1999年頃まで21年間経営していたそうです。


久美子さんは、幼い頃から人前で歌うのが大好きでした。

当時テレビでやっていた歌番組「日清チビッコのど自慢」で歌を覚えては、家の前にみかん箱を置いて、近所の友達を集めて歌っていました。

中学生になってからは、ビートルズ・モンキーズ・カーペンターズなどの洋楽が好きになり、中学の文化祭ではカーペンターズのコピーバンドを組んで歌ったそうです。

カーペンターズ singles 1969-1981
カーペンターズ(画像出典)amazon.co.jp




高校では成績優秀だったものの、厳しい校則になじめませんでした。

福岡・博多を拠点に活動するソウルバンドを追いかけるようになり、親の反対を押し切って高校を2年で中退し博多へ出ました。(※)

※:2010年6月18日 広島FM「食卓ON楽 山下久美子/赤道小町ドキッ」


博多のソウルバンドで歌っているところをスカウト

博多には3年ほどいたそうです。ウエイトレスのバイトをしながらソウルバンドでボーカルを務め、博多のクラブで歌っているところを、19歳のとき大手プロの渡辺プロダクションにスカウトされました。(※1)

ただ好きで楽しく歌っているだけで、プロになろうというつもりはなかったので、1ヶ月くらい悩んだのだとか。

業界最大手の渡辺プロということで、テレビでよく見るアイドルにさせられてしまうのかとも心配していました。

「3年頑張ってダメだったら帰ろう」と決心し、親には事後報告で上京したのです。(※2)

「赤道小町ドキッ」でブレイクしロックの女王に

上京し渋谷区笹塚にアパートを借りた山下久美子さんは、渡辺プロの音楽学院で1年間、みっちりとレッスンを受けます。ゴスペル歌手・亀渕友香さんのボイストレーニングを受け、1980年(昭和55年)に「バスルームから愛をこめて」でデビュー

1982年(昭和57年)に発売した6枚目のシングル「赤道小町ドキッ」がカネボウ化粧品のCMソングになり、41万枚以上の大ヒット!

赤道小町ドキッ 山下久美子
(画像出典)amazon.co.jp

この曲を歌うときに、プロデューサーの木崎賢治さんが「童謡みたいに歌った方がいいんじゃないか」とアドバイス。

木崎さんといえば、沢田研二・吉川晃司・槇原敬之・BUMP OF CHICKENなどを手掛けた名プロデューサーですが、このアドバイスが効いてメキメキと歌い方がよくなり、「キャンディ・ボイス」とも呼ばれる久美子さんのボーカルの芯になっているそうです。(※)

※:西寺郷太 GOTOWN Podcast Club「#11胸キュンのエイティーズ~Guest:山下久美子、松田”CHABE”岳二」

山下久美子のさまざまな「伝説」

1980年代に一世を風靡した山下久美子さんには、たくさんのスゴイ「伝説」があります。

山下久美子のデビュー曲は吉本新喜劇の元ネタ!

山下久美子さんのデビュー曲は、1980年(昭和55年)に発売された「バスルームから愛をこめて」

バスルームから愛をこめて 山下久美子
(画像出典)amazon.co.jp

関西の方なら、吉本新喜劇の島田珠代さんのギャグ「男なんてシャボン玉~」をご存じでしょうか。アレの元ネタは、この歌なのです。

島田珠代
吉本興業の島田珠代さん(画像出典)スポニチAnnex

山下久美子さんは、吉本の定番ネタに使われるほどのヒット歌手でした!


山下久美子は「元祖・胸キュン娘」YMOより早かった!

1980年に発売された山下久美子さんのデビューアルバム「バスルームから愛をこめて」は、レコードの帯に「胸のここんとこがキュウンとなるような歌を唄いたいのよね…」というキャッチフレーズが付けられました。

このキャッチフレーズを考えたのは、当時久美子さんが所属していた渡辺プロダクション社員だった福岡智彦さん。(※1)

これによって、久美子さんが「胸キュン娘」と呼ばれたり、デビュー当初のファンクラブ名が胸キュンClub」と名付けられることになりました。

その3年後の1983年、YMOがシングル「君に、胸キュン。」を発売し、YMOのシングルとしては最高の34.7万枚を売り上げるヒットに。

YMO 君に、胸キュン。
左から細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏(画像出典)amazon.co.jp

この曲の発売にあたり、スタッフが山下久美子さん側の許可を取ったという逸話が残されています!(※2)

山下久美子が「総立ちの久美子」になった理由

1980年にデビューした山下久美子さんは、新宿のライブハウス「ルイード」を拠点に、都内そして全国のライブハウスを回り、その名は音楽ファンの間に浸透していきました。

初ライブこそ観客35人で、札幌では観客3人ということもありましたが、人気に火がつくとお客さんがライブハウスに入りきれなくなり、1981年1月に日本青年館で初めてのホールコンサートを行います。(※1)

このコンサートのアンコールで「恋のミッドナイトD.J.」を歌ったところ、観客が一斉に立ち上がったことから「総立ちの久美子」の異名を取ることになりました。(※2)

ザ・ベストテンに本物のゾウが登場!

1982年(昭和57年)23歳のときに、6枚目のシングル「赤道小町ドキッ」で大ブレイクした山下久美子さん。

TBS「ザ・ベストテン」に登場したときはスタジオで、本物のゾウの上にまたがって熱唱!!

山下久美子 ザ・ベストテン 赤道小町ドキッ 象
(画像出典)2020年10月8日 TBS「歌のゴールデンヒット」

ゾウの両脇にいるスタッフの表情がなんとも・・・^^;

山下久美子 ザ・ベストテン 赤道小町ドキッ 象
(画像出典)2020年10月8日 TBS「歌のゴールデンヒット」

破れたシャツとカラフルな羽根飾りのついた久美子さんの衣裳も、当時インパクトがあったようです。


南国ミクロネシアで撮影した奇抜な映像作品が話題に!

1984年(昭和59年)、山下久美子さん25歳のときに、アルバム「アニマ・アニムス」を映像化した映像作品「黄金伝説」を発売します。

山下久美子 黄金伝説 1984年
(画像出典)https://twitter.com/gota_nonareeves/status/1341739586419007488

この作品、後藤次利さんがプロデュースし、ストーリーを作家の故・景山民夫さんが考案したという先鋭的な作品。

ミクロネシアポンペイ島で2週間かけて撮影されたのですが・・・

山下久美子 黄金伝説 1984年
(画像出典)山下久美子 黄金伝説

なかなかシュールな作品でして・・・

山下久美子 黄金伝説 1984年
(画像出典)PR TIMES

南国の海でボートをこいでいた久美子さんが、銭湯に移動して植木等さんに会うという、奇想天外なストーリー・・・

山下久美子 黄金伝説 1984年
(画像出典)PR TIMES

ちなみに、特別出演された故・植木等さんは、大御所の芸人さんであるにもかかわらず、「私はね、若い人の頼みごとは断らないんですよ」と、破格のギャラで出演してくださったそうです。(※)

山下久美子ファンを困惑(!)させたこの映像作品は、2020年に発売されたアルバム「愛溢れて!Full Of Lovable People」でDVD化され、36年ぶりによみがえることとなりました!

※:2020年11月21日 PR TIMES「山下久美子 1984年の伝説的映像作品『黄金伝説』が36年越しのDVD化で話題に!」

まとめ

この記事では、そんな山下久美子さんの若い頃の画像生い立ち昭和芸能史に残る(?)数々の伝説ついてまとめてみました。

若い頃の写真がとても健康的でかわいらしく、さまざまな伝説・逸話にもビックリ。

山下久美子さんの楽曲は、デビューから40年以上経っても色褪せない名曲ばかりですばらしいです!

★↓↓↓山下久美子さんの現在について、くわしくはコチラ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました